2020.9.9

動物病院での出来事(さくら猫に会いました)

保護猫ワクチン接種

台風通過による不安から絶好調ではないかなぁとも思いましたが、

あいちゃんの点眼薬をもらいに行くタイミングで、
みーくん1年に1回のワクチン接種へ。

私が猫部屋に入ると、台風のときのようにどこか知らない部屋に連れていかれるんじゃないかと思っているようで、
とりあえず手の届かないところに逃げてしまいます(笑)

それでもお尻パンパンして思いっきり甘えたあと、
なんとか信用してもらったところを捕獲!!

ごめんねぇぇぇ。

猫は洗濯ネットに入れて病院へ

大人しい子は洗濯ネットに入れなくても大丈夫かもしれませんが、
みーくんはCattonに来てからというもの一度も病院にかかっていませんでした。

そのため、混乱してパニックを起こすかどうかわからなかったので
念のため、洗濯ネットに入れてからキャリーに入ってもらいます。

こうしておくと、逃げたくてもにげられないということと、
ネットに入れたまま診察台に載せて治療をしてもらうことができます。

飼い主も猫も安全に診察を終えることができますのでオススメです。

保護猫ワクチン接種

みーくん、とっても緊張しています。

待合室でも大きな高い声で鳴きますが、
診察台の上でも鳴きます。

たぶんドキドキして肉球に汗かいていたと思いますが、
とってもお利口さんに頑張りましたよ。

保護猫ワクチン接種
保護猫ワクチン接種

今までご来店のお客様に「大きいねぇ」と言われてきましたみーくん。

男の子なのでこれくらい大きくなる子も多いんですよ~「5kgくらいです」
と申し上げてきましたが、、、、

保護猫ワクチン接種

5.7kgもありました(笑)

めっちゃ大きいデス!!!

もうすぐ3歳になるみーくん、健康優良児で素晴らしい!!

保護猫ワクチン接種

無事、5種ワクチン接種が完了。

あとは優しいお家が見つかって幸せになるだけだよ。


さくら猫の兄妹に会いました

いつもかかりつけの動物病院に入ったときに、お会計をされているご婦人がいらっしゃいました。

「思った以上にお金がかかるのねぇ、、」

「男の子と女の子は料金が違うんですよ。」と看護婦さんも説明。

待合室で緊張して鳴いているみーくんをなだめていると

3匹のそっくり姉妹が診察室から出てきました。

さくら猫地域猫

みんな耳カットして、さくらねこになっていました。

さくら猫地域猫

みんな元気いっぱいでした。

さくら猫地域猫

ちなみに、男の子で15,000~25,000円、女の子は20,000~35,000円が相場です。(動物病院での診察料や手術料金は地域や医院によって異なります)

助成金が補助されるケースもありますので、ぜひ調べてみてください。

実費で負担してくださったご婦人に心からの感謝と敬意をお伝えしました。

おばあちゃん、この子たちのために、本当にありがとうございます。

さくら猫とは?

去勢避妊手術を完了している猫を「さくら猫」といいます。

猫の耳をサクラ型にカットすることから「さくら耳」といわれます。

お家の中で飼育される猫にさくらカットする必要はありませんが、

お外で暮らす「地域猫」が一目で手術が済んでいることが分かるような仕組みとなっています。

女の子の場合、耳カットがされていないばかりに2度も捕獲されお腹を切られてしまうケースもあるのです。

さくら猫を見かけたときには、一代かぎりの命としてぜひ暖かい目で見守っていただけますと嬉しいです。

1匹でも不幸せな猫がいないこと。

これを実現するには、予期しない妊娠を避ける=避妊しかありません。

地域で「さくら猫」を見かけたら、
それは保護された猫同様、これから幸せに暮らすことのできる猫です。

お外で暮らす猫前頭に避妊手術をするには、莫大な費用が必要です。

一匹でも多くの猫が幸せに暮らせますよう、
私たちCattonのコンセプト『楽しい猫助け 』 にご協力していただければ泣いて喜びます。

この記事をシェアする
最新記事一覧